東京大学西山勇毅助教らの論文、”感染症流行時におけるスマートフォンを用いた大学生の身体活動量分析”が情報処理学会論文誌に出版されました

授業支援アプリケーションSFC-GOにより、大学生の身体活動量を自動収集し分析した。これにより、通学、授業、課外活動の時間帯における歩数の減少と静止時間の長時間化が明らかになった。

西山勇毅, 柿野優衣, 中縁嗣, 野田悠加, 羽柴彩月, 山田佑亮, 佐々木航, 大越匡, 中澤仁, 森将輝, 水鳥寿思, 塩田琴美, 永野智久, 東海林祐子, and 加藤貴昭, “感染症流行時におけるスマートフォンを用いた大学生の身体活動量分析,” 情報処理学会論文誌, vol. 62, no. 10, pp. 1630–1643, 2021.
http://id.nii.ac.jp/1001/00213189/ 

博士課程佐々木君らのSFC GOに関する研究が情報処理学会論文誌トランザクション「デジタルプラクティス」に採録されました – SFC GO: 学生同士の繋がりを支援するオンライン体育授業サポートシステム

コロナ禍でのオンライン体育授業を支援する「SFC GO」に関する、博士課程佐々木君らによる研究論文が、情報処理学会論文誌トランザクション「デジタルプラクティス」に採録されました。
SFC GOにより、多様な身体運動活動体験の提供、授業時間外での非同期コミュニケーションの誘発、SFC GOを利用した運動後における高い覚醒度/感情価の存在が確認出来ました。


佐々木航, 羽柴彩月, 山田佑亮, 柿野優衣, 野田悠加, 中縁嗣, 西山勇毅, 大越匡, 中澤仁, 森将輝, 水鳥寿思, 塩田琴美, 永野智久, 東海林祐子, and 加藤貴昭, “SFC GO: 学生同士の繋がりを支援するオンライン体育授業サポートシステム,” 論文誌トランザクションデジタルプラクティス, 2021. (To appear)

学部4年本田彩さんの卒論がSFCでの優秀卒業プロジェクトを受賞しました

環境情報学部4年本田彩さんの卒業論文「English Pronunciation Training with Automatic Speech Recognition」が、SFCでの2021年度春学期優秀卒業プロジェクトを受賞しました。

教員・学生の受賞 | 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC) https://www.sfc.keio.ac.jp/about_sfc/award/

本田さんの研究では、日本人の英語力が伸びない原因のひとつとして日本語と英語の発音の違いによる発音の難しさに着目し、授業外で個人が発音の練習を行えるシステム「Hats」を構築しました。同システムでは近年のモバイルOSが搭載する自動音声認識機能/APIを利用する手法を採用し、学習システムで実際に日本人の英語の発音が改善できるかの評価を行いました。

Yahoo! JAPAN研究所との共同研究を日本テレビnews every.で取材頂きました -【心を分析】コロナ禍の検索ワード みんなの”気分”どう変わった?

ヤフー株式会社 (Yahoo! JAPAN研究所) との共同研究について、2021/9/23 (木) の日本テレビ news every. で取材・放映頂きました。

スマートフォンのセンサデータや主観的回答、検索エンジンでの検索ワードのビッグデータから「検索した人の気分を推定するAI」を作り、そのAIで2020〜2021年のビッグデータを解析している取り組みです。

画像出典: https://www.news24.jp/articles/2021/09/23/07944264.html

日テレnews24: コロナ禍での”心の変化” 検索ワードで分析
https://www.news24.jp/articles/2021/09/23/07944264.html

【心を分析】コロナ禍の検索ワード みんなの”気分”どう変わった?
https://www.youtube.com/watch?v=nKWo1gFZAbI

なお本研究について詳しくは下記をご参照ください。

学部4年浜中君らの研究がACM UbiComp/ISWC’21併設WellComp’21に採択され発表しました – A Comparative Study of CIPN Symptom Estimation Methods Based on Machine Learning

学部4年浜中君らの研究が、ACM UbiComp/ISWC2021 併設ワークショップWellComp 2021 (4th International Workshop on Computing for Well-being)に採択され、発表しました – A Comparative Study of CIPN Symptom Estimation Methods Based on Machine Learning

実験の性格が故、また新型コロナウイルス感染拡大の中データ収集が満足にできない状況で、少量のセンサデータとラベルから癌患者のCIPN(化学療法誘発性末梢神経障害) 状態を推定する機械学習モデルの手法比較を行いました。

Satoki Hamanaka, Wataru Sasaki, Tadashi Okoshi, Jin Nakazawa, Kaori Yagasaki, and Hiroko Komatsu. 2021. A Comparative Study of CIPN Symptom Estimation Methods Based on Machine Learning. In Adjunct Proceedings of the 2021 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2021 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp ’21). Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, 117–120. DOI:https://doi.org/10.1145/3460418.3479316

Senior合宿を開催しました

9月15日、16日の2日にわたり、修士、博士、ファカルティの計19名がそれぞれ30分の持ち時間で研究領域などについて話し、議論をしました。

また、数名の学部生が参加し、進捗状況などを報告してくれました。

山根君らの研究が情報処理学会第71回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究発表会で学生奨励賞を受賞しました – “万話計:会話量の測定とそれらのストレスとの関係性に関する分析”

先日情報処理学会第71回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究発表会で発表した学部4年山根君らの研究が、学生奨励賞を受賞しました。

新型コロナウイルス感染拡大で、多くの人達がStay home/リモートワークなどで家に滞在し、声による対人コミュニケーションが大幅に減少することで、ストレスが増大していると考えられる一方、それを裏付けるような定量的な調査はまだあまり行われていません。本研究では、音声認識技術を用いてユーザーの発話量を定量的に測定するシステム「ManWaKei」を開発し、発話とストレスの相関関係を定量的に調査しました。

Taku Yamane, Yin Chen, Tadashi Okoshi, Jin Nakazawa, “ManWaKei: Measuring the Amount of Speech and Investigating its Effect on Stress,” 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI), Vol.2021-UBI-71, No.1, pp1-8, 2021.
http://id.nii.ac.jp/1001/00212340/

日中韓フォイサイトプロジェクト第2回ワークショップを開催しました

2021年8月11日、A3フォトサイトプロジェクトの第2回ワークショップがオンラインで開催され、日本・中国・韓国から50名以上が参加しました。

中澤・大越研究室からは特任講師のYin Chen博士、学生のWenhao Huang君、三上量弘君、Xinyi Jiang君らが参加し、発表しました。

2021年度春学期、研究室内Award受賞者が決定しました

2021年度春学期の、中澤・大越研究室内各種表彰(Award)が発表されました。受賞者の皆さん、9月に学部/大学院を卒業/修了の皆さん、おめでとうございます!

最優秀WIP賞 (Best Work-in-progress Award)
後藤大介君 (1年)

最優秀TERM Project賞 (Best Term-project Award)
Wang Xi君 (3年)

新人王 (Best Rookie Award)
後藤大介君 (1年)

親王 (Best Mentor Award)
羽柴彩月君 (修士2年)、安井慎一郎君 (修士2年)

Best Effort Award
Thakgatso Manthata君 (4年)

Outstanding Service Award
河崎隆文君 (博士2年)、 橘直雪君 (修士1年)、安田翠萌君 (4年)、武田弥紘君 (4年)、別宮広朗君 (4年)

2021年度春学期卒業論文最終発表を行いました

7/16、2021年度春学期を締めくくる行事として、4年生による卒業プロジェクト/卒業論文の最終発表会が行われました。発表者は、Manthata William Thakgatso君、本田 彩君、菅原メリッサ沙良君、山根 卓君、鈴木 航平君の5名でした。皆さんご卒業おめでとうございます!